お金の勉強

dマガジンは格安SIMの私でも追加料金なしで月400円で読み放題!我慢して1冊だけにしていた雑誌が読み放題!

雑誌は好きだけど、ゴミになるのが嫌だ
持って帰るのが結構重たくて辛い
家では読む時間がないから、会社で気軽に読めたらいいのに
美容雑誌本当は3冊欲しいけど、高いから1冊だけにしよう

などと思ったことはありませんか?

そんなあなたにおすすめは、スマホやタブレットで250冊も読めてしまうdブックです。

dブックといわれるとドコモを使っている人だけかと思いがちですが、誰でも無料の会員登録をすれば利用できるので、利用しない手はありません!

りえ
りえ
実際に私は携帯会社は楽天モバイルを使っています

月400円(税抜き)で読み放題なので、あれもこれも本当は買いたいけど、1冊だけで我慢する!なんて必要はありません!

しかも、31日間は無料なので1ヶ月無料でお試しすることができるのです!

\ドコモじゃなくても大丈夫/



りえ
りえ
月額400円(税抜き)で洋服や趣味の雑誌まで読めて最高!

私も美的もMAQUIAも欲しいけど、高いから今月は美的にしておこうなんてことをしていました。

でも、dマガジンに登録してからはそんな悩みはもうありません!

むしろ、どれを読もうか迷うくらいです。

今回はそんな雑誌が読み放題のdマガジンについて、使っている感想とメリット、デメリットについて解説していきます!

この記事でわかること
  • 結論:dマガジン読み放題はコスパ最強、最高!
  • 節約になる
  • 何を買うかではなく何を読むかで迷う
  • 空き時間に暇しない
  • 節約になるので店舗にこそおすすめ

\無料でつかってみて嫌だったら解約もあり/


読み放題を使ってみた感想!

読み放題を実際に使ってみた感想は、我慢していた雑誌が読み放題なので最高だし、情報もいろんなジャンルからとれて勉強にもなっていいことづくめでした。

美容やファッションなどの雑誌だけでなく、趣味のゴルフやお金のこと、子供のことやアニメから週刊誌までもカバーしています。

そのため、どの年代のどの好みの人が契約しても読みたいものがないということがないですね。

りえ
りえ
アニメ雑誌まで対応していたのにはびっくりしました

dマガジンを使ってみてよかったところ

読み放題を体験してみてよかったのは、金銭面と情報がたくさん入るところです。

dマガジンのよかったところ
  • 月400円(税抜き)で読みきれないほど読める
  • 普段買わない雑誌も読めるので知識を得られる
  • 捨てなくてもいいので楽
  • 待ち時間に読めるので退屈しない

無料体験でアプリをダウンロードしてもらえるとよくわかると思うのですが、開いてすぐにたくさん最新の雑誌が表示されるのに驚きます。

私だったら、いつも読む美容やファッションだけでなく、経済のことがわかる「プレジデント」「ダイヤモンド・ザイ」などあらゆるジャンルの雑誌が読み放題でとってもお得です。

自分で雑誌を買うとしたらせいぜい1冊か2冊ですが、1冊以下の金額で250冊の雑誌がよめてしまうので、お得以外の何者でもありません。

まずは、31日間は無料なので、トライするだけしてみるといいですよ。

タダで雑誌をたくさん読んでみませんか?

\まずは無料で読みまくってみよう!/


読みきれないほどの雑誌がある

250冊と言うと想像もつかないと思いますが、あなたの読みたい雑誌は相当コアなものでなければあると思っていいです。

しかも発売日に読めるので、電子版だから数日待つということがありません。

わざわざ発売日に本屋さんへ行って買うこともしなくていいです。

女性ファッションの一部

STORY、eclat、Secenteen、CLASSY、oggi、MORE、With、GISELe など

女性ライフスタイルの一部

anan、サンキュ!、ESSE、婦人画報、家庭画報、FRAU、LDK、Mart、Hanako、MAQUIAなど

ジャンルだけでも、上にあげたものの他にはスポーツ・車、ビジネス・IT・国際、男性ファッション、男性ライフスタイル、総合週刊誌、料理・暮らし・健康、お出かけ・グルメ、エンタメ・趣味などがあります。

雑誌はジャンルのなかで一部だけ載せただけでもこれだけの雑誌とジャンルも多岐にわたるので満足度は高いです。

普段買わない雑誌が読めるので知識が得られる

普段興味があるけど自分では買わない雑誌や手に取らない雑誌も読めるので、違うジャンルの情報が手に入るので知識が身につきます。

私だったら、経済に興味はあるけれど自分では買わない「プレジデント」などの雑誌が読めるのが良かったですし、

ゴルフもアマチュアですが自分では雑誌を買うまでではないのでゴルフ雑誌が読めたのも良かったです。

雑誌がたまって困ることがない。捨てなくていいから楽

雑誌を買うデメリットは買えば買うほどたまっていくことです。

電子媒体ではこれがないので、どれだけ雑誌をみても捨てなくてもいいですし、捨てるのにこまることもありません。

最近の雑誌は厚みがあり、重さもあるので持ち帰るのに重い思いをしなくていいのも魅力です。

持って帰るのが結構重たくて辛い

という体験が一気になくなります。

雑誌が置いていない場所でも快適に過ごせる

病院の待合室や友達を待つ間などの暇つぶしにもなるのですごくいいです。

待つ場所に雑誌がある場合でも、自分が読みたい雑誌がなかったり誰かに読まれていることもありますよね。

そんなときでも気にせず自分の読みたい雑誌が読めるので、「待ち時間がつらい」ということもさけることができました。

使っていて全体的に満足度が高かったです。

\無料で気軽に試してみよう!


dマガジンを使ってみてよくなかったところ

特にはありませんでした。しいていえば、読めないくらい雑誌があることですね。

月額400円程度の、「雑誌1冊以下の金額」で読みきれないほど読めるので、コスパはいいですね。

雑誌を毎月買っている人なら契約して損はないと思います。

月400円プラス税金で読めるならコスパがいい

雑誌は最近1冊800円などと高額なものが多いです。

付録がついているとなおさら高額になりますよね。

付録がいらない人のための価格を少し抑えた雑誌も出ていますが、それでも400円で読める雑誌は少ないです。

それを考えても一冊以下で読み放題ができるのはすごくコスパがいいですね。

正直無料なので、このコスパの良さを一度体験してほしいなと思います。

 

\タダで好きな雑誌を読みまくろう!


個人だけでなく、雑誌をいつも買う店にこそコスパがいいと思う

美容院でdマガジンを契約しているお店をみたときにすごく頭がいいなと思いました。

毎月お客様にあわせて数冊の雑誌を発売日ごとに買うのはコストがかかりますし、処分も大変です。

dマガジンを契約すれば初期費用としてタブレット代はかかりますが、毎月新しく雑誌を買い続けることに比べれば長期で見るとその方が安いです。

お客様を待たせる仕事をしているかたにこそ、コスパがいいので進めたいと思います。

dマガジンを使っていて聞かれた疑問に答えます

雑誌読み放題サービスを使っていると話すと聞かれた疑問について答えていきます。

Q:雑誌ごとの購入(ダウンロード)料金って、当然別で必要ですよね?

A:必要ないです。月額の400円プラス税金を支払うだけで、アプリにある雑誌は読み放題です。

結構聞かれる質問です。

月額は月額で、ダウンロードは有料なんでしょ?

とい言われたりしますが、月額料金のみで読み放題ができるので安心してください!

しかも、初めてなら31日間は無料で体験できるのでかなりお得ですよ。

\無料で気軽に試してみよう!


Q:ドコモユーザーじゃないと使えないんでしょ?

A:ドコモユーザーでなくても使うことができます。

現に私は、ドコモは使っていません。

ドコモ以外の方なら無料でdアカウント登録をして使い始めるだけです。

auでもソフトバンクを契約していても、私のような格安SIMでも大丈夫です。

Q:31日間無料で読めるって、試し読みもサイトにはあったけど同じじゃないの?

A:試し読みは一部のページしかみられませんが、31日間無料はすべての内容がみられます。

試し読みは会員登録が不要ですが、31日間無料を体験するにはクレジットカードを登録して会員登録する必要がある違いがあります。

もちろん、クレジットカードを登録したからといってそこから31日間の無料体験中に拭き落としがあることはありません。

31日の無料体験が終われば、その登録したクレジットカードから引き落としがあります。

それまでに不要であれば、解約すれば引き落としはされません。

無料体験中にいらないと思えば解約しましょうね

Q:月の途中で契約したらどうなるの?

A:日割り計算にはならないので、月の頭の方に契約した方がお得です。

解約も同じで月の途中でdマガジンの解約をされても日割り計算にはならず、月額400円(税抜)がかかります。

さあ、dマガジンを無料体験してみよう!

月額がすぐにお金がかからないで体験できるのがいいですよね。

試そうと思ってもお金がかかると試しにくいものです。

その点、dマガジンなら初めてなら31日間は無料で使えるので気軽に試せますよね。

気になったら即行動!へーと思っているだけでは損してしまいますよ!

暇つぶしに何か欲しいならまずは無料で試してみませんか?

\試すなら思い立った今!


お金を節約したいなど他の節約方法を知りたいあなたはこちらも読んでみてくださいね。