節約

美肌効果たっぷりの美腸スープレシピ「ポークトマト豆乳スープ」。スッキリでAtsushiさんが紹介

夏には冷たいもので、冬には気温で冷えてしまう腸。

腸は冷やさないことで活動が活発になり、栄養の吸収率がたかまり健康によくなります。

スープにはからだを温める効果もたかく、冷凍もできるので保存食としても便利です。

2ヶ月で6キロ痩せたと言うレシピはダイエット効果も高い!

腸が活発になると免疫力が高まり、風邪を引きにくくなる効果がきたいできます。

食べたものも全て吸収できるようになるので、美肌効果まで期待できます!

りえ
りえ
モデルさんがこぞって飲むわけがわかりますね!

今回は、そんなモデルも愛飲しているという魔法の美腸スープをご紹介します。

Atsushi直伝!魔法の美腸スープ

今回紹介するのは、モデルや美を追求する人たちに支持されているAtsushiさん直伝のレシピです。

 

彼は海外でファッション業界の第一線で活躍していた経験を持ち、フリーランス現在は美容や食についても豊富な知識を持つ方です。

美と健康に知識が豊富なので、レシピ本も累計7万部と、美腸レシピだけでも200種類以上!

>>Atsushi さんのレシピ本はこちら [ Atsushi ]

 

ポークトマト豆乳スープの作り方

用意するもの

(3食分)
豚ひき肉 200g
トマト 2個
玉ねぎ 1個
アスパラガス 3本
にんにく 2片

豆乳 400ml
水 100ml
塩 少々
オリーブオイル 大さじ1
固形コンソメスープの素 2個

▼オリーブオイルを入れ中火で加熱する

▼鍋の中で、みじん切りしたにんにくと玉ねぎを軽く炒める

▼つづいて、豚ひき肉を加え炒める

豚肉

ビタミンB1が豊富なので、疲労回復効果が期待できる

▼トマト2つををひとくち大にカットする

トマト

トマトに含まれるリコピンには紫外線による肌ダメージに有効な働きがある。熱にも強く、油と一緒に撮ると体内への吸収率がアップします!

▼火が通ったら、水を入加え、固形コンソメ・塩で味を整える

▼固形コンソメが溶けたら、豆乳を加え、沸騰させないように3分ほど煮る

豆乳を沸騰させると膜が張りやすいため、沸騰させないようにしましょう!

▼最後にアスパラを加えて一煮立ちして完成です

美腸スープのメリット

スープを飲むメリット
  • 腸の働きが活発になる
  • 低糖質で高タンパク質
  • 低カロリー
  • 夏バテ防止にも効果が期待できる
  • 10分で作れる

腸が綺麗になると免疫力があがって風邪を引きにくくなります。

食べたものがすべて吸収できるようになるので、お肌も綺麗になる効果も期待できます!

さあ、美腸レシピで美容と健康を目指そう!

美肌や風邪の予防など健康にも効果が期待できると言うと飲みたいですよね!

2ヶ月で6キロ痩せたという話を聞くと、綺麗になれてやせるなら早速作って飲んでみたいと思います。

ここに載せた以外にももっとたくさんのレシピがあるので、毎日のように食べるならレシピ本をみながら作った方が、レパートリーが増えるのでおすすめです。

毎日同じものばかりはいくら美味しくても、飽きちゃいますからね。

>>Atsushi さんのレシピ本はこちら [ Atsushi ]