お金の勉強

今すぐできる月末にお金に困らなくなる!?5つの方法!

経済的自由を得るためにお金の勉強中のりえ(@aloalorie)です。

給料日前になるとなぜだかお金が足りない。

特別贅沢をしていないのにもかかわらず、毎月給料日前がキツイ。

そう感じているあなたに、月末にお金に困らないための今すぐできる5つの方法を教えます。

この記事を読めば、なぜ自分がお金が毎月カツカツになってしまうのかが思い当たり、改善していけます。

その方法とは、

  1. 店での支払いを現金のみにすること
  2. 毎月入ってくるお金と出ていくお金を把握すること
  3. 固定費を削減すること
  4. 収入の1割をとっておくこと
  5. さらに特別費用をとっておくこと

以上の5つです。

これから詳しく説明していきますね!

この記事でわかること
  1. 月末にお金に困らない方法
  2. なぜお金に毎月困るのか

①店での支払いを現金のみにする

まずは一度お店での支払いを現金にしましょう!

こいしまる
こいしまる
えっ!なんで?
りえ
りえ
カードを使いこなせてないからだよ!

クレジットカードは便利ですが、管理できる人が持ってこそいきるもの。

管理ができていない人が使うと、最悪は借金地獄に陥ることも!特にリボ払いは危険です。

>>参考:クレジットカードのリボ払いは借金!誰も教えてくれない、社会人は知っておきたいお金の話

おそらくあなたがカードを使う時の状況は「お金が足りないから」ではないですか?

そんな理由で多く使うのはよくありません。お金がないときは使わない!これは鉄則です。

カードを使ってもいいのですが、そのカードの支払いがさらに毎月の生活を圧迫しているならなおのこと、ひとまずカードで支払いするのはやめましょう。

光熱水費や携帯代など固定費をカードで払っている場合はそのままで大丈夫ですが、店頭での新たにカードを使うという行為をまずは止めてください。

これだけでも来月以降の新しい支払いを減らすことができるので、自分の未来のために取り組みましょう!

②毎月入ってくるお金と出ていくお金を把握する

毎月の入ってくるお金と出ていくお金を把握することは無駄遣いを防ぐために必要です。

月末にお金に困るという人は、毎月いくら入ってくるかはわかってても、いくら出ていっているかはざっくりなんとなくわかっているという人が多いです。

カード払いをストップして、毎月入ってくるお金と出ていくお金を計算してください。

今の時点で自分があといくら使えるのか、使えないのか確認しましょう!

そして、金額がわかったうえで生活しましょう。もうこれ以上使えないのなら抑えめに生活するなど対策を取りましょう。

次に毎月出ていくお金の中でムダがないかを見つけていきましょう!

③固定費を削減する

固定費の削減は手間がかからない上に、一番効果が大きい節約方法です。

毎月支払いすぎている物はないか確認しましょう。

格安SIMに変更する

固定費の中でも携帯代は取り掛かりやすく、簡単な部類なのでぜひ取り組みましょう!

たとえば、大手のドコモ、au、ソフトバンクを契約しているなら格安SIMに変更するだけで携帯代が半額以下にできる可能性が高いです。

私も大手から格安SIMに変更して6000円ほど節約できたので本当におすすめです!

計算がわかりやすいように、月5000円減らせたとすると、年間で6万円の得になります!

格安SIMの乗り換え方や説明などは関連記事でみていただくとわかりやすいと思います。

格安SIMへの乗り換えはぜひやってほしい固定費削減の一つです!

電力会社を変更する

電力会社を変更することも意外に手間のかからないおすすめの節約方法です。

私が変更した「楽天でんき」なら5分で手続きが完了します。

電気が東京電力、関西電力など昔からとくに変更していないかたが多いと思います。

そんなかたは、電力会社を変更することで基本使用料がなくなる会社を選べば、最低でも月の基本使用料が減るので月千円は安くなりますよ。

楽天でんきは月額使用料がないので、私も変更して今のところ昨年より千円は安くなっています!

関連記事に詳しく載せておきますので、見てみてくださいね!

車や保険を見直す

車が必要なのか、その保険は必要なのかも見直すとかなり削減できます。

車は田舎だと厳しいなどの問題がありますが、あまり乗っていなくて、近くにカーシェアがあるなら検討の余地ありです。

買うよりも経費がかからず、リースより断然いいので一度検討してみることをおすすめします。

私も近くにカーシェアがあれば、即そちらに変えたいと思っている田舎者です。

こいしまる
こいしまる
保険はどうなの?
りえ
りえ
ちょっと勉強が必要だね

保険は少し難しい分野なので、少し知識をいれることが必要になります。

ただ一つ言えるのは、私たちは「健康保険」という国の素晴らしい保障の付いた保険にすでに加入しているので、いらない保険に加入していることが多いです。

たとえば、高額医療費を請求された時は、支払う上限が決まっていて、上限以上は国が支払ってくれる制度があります。

内容が二重になっていないか見直すだけでも違いますよ!

④収入の1割は取っておく

収入の1割をとっておいて貯めておきましょう。

貯金をしようと思っても、残ったものから貯金しようとしている人が多いです。

りえ
りえ
私もそうでした^^;

無理せず、欲張らずに収入の1割を取っておくという先取り貯金をしましょう!

貯金は先取りが基本です。

先取りをしたあとに、固定費や生活費がひかれていくイメージです。

収入の1割というと少なく感じますが、少なく感じて欲張ると結局そのお金をつかってしまったりするので、まずはその金額でしばらく貯めてください。

それでもっとできるということであれば、金額を増やしていくという方がいいですね。

今は毎月が足りないくらいなので、欲張らず確実にいきましょう!

⑤さらに特別費もとっておく

さらにいえば、特別な出費に対応できるように「特別費」を貯めておくのもおすすめです!

お金がなくなる原因の一つは「急な出費」です。

急な出費があったときに、貯めていたお金を使うとせっかく貯めていたものがなくなってしまいますし、一向にたまりません。

そのため、特別費としてあらたに少しでも貯めておくことをおすすめします。

私もなかなか貯められなかったのですが、特別費を確保するようになってからは少しずつ貯めることに成功しています。

特別費をためることで気持ちにも余裕がうまれますし、貯めたお金をくずさなくてもよくなるので、本当におすすめです!

今から行動してお金に悩まない人生をつかもう!

毎月月末に苦しくなっているなら、ここに書いたことを行動していきましょう!

行動しなければ何も始まりません!

まずは入ってくるお金と出ていくお金をわかったうえで節約していきましょう!

無駄を省いてお金を生み出し、少しでも不安をなくしていきましょうね!

少しでもあなたのお役に立てれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。